NEWSニュース

『第42回八王子いちょう祭り』は、11月20日(土)・21日(日)の両日、規模を縮小して開催します。

お知らせ

第42回八王子いちょう祭り 開催について

八王子いちょう祭り祭典委員会
会長 水野 じゅん

 平素より、八王子いちょう祭り開催にあたり多大なるご支援、ご協力を賜り誠にありがとうございます。

 『第42回八王子いちょう祭り』は、11月20日(土)・21日(日)の両日に全体規模を縮小して開催します。地元町会の皆様、関係所管の皆様方のご支援、ご協力により開催の運びとなりました。

 本年10月1日に緊急事態宣言が解除され、ワクチンの普及とともに10月末日に向けて新型コロナウイルス感染症の感染者は減少してまいりました。しかしながら、まだまだ予断の許さない状況です。安心で安全な開催に向けて気持ちを緩めず、八王子いちょう祭り独自のガイドラインに基づき、しっかりと感染対策を行いながら開催いたします。

 「八王子いちょう祭り」は、市民が考え、市民が運営し、市民が中心となり参加して行うお祭りとしては全国でも珍しいお祭りです。今年度も「八王子いちょう祭り」が市民の方々に何かをすることはできないだろうか?何かお役に立つことはできないだろうか?と、話し合いを続けてまいりました。

 現在は、10月9日から11月30日まで、「祝 日本遺産認定記念事業」として『日本遺産作品展「桑都・八王子展」×八王子いちょう祭り』と、スマートフォンを使った『むーちゃんスタンプラリー』を開催しています。

 また、20日・21日は、「祝 JR高尾駅開業120周年記念事業」と「関所オリエンテーリング」「全国・近隣観光物産展」「ふるさとバザール」を開催する予定で準備を進めております。

 甲州街道沿道には約770本のいちょうの木が植樹されており、毎年11月にはいちょう葉の黄葉とともに街中が鮮やかな黄金色に染まります。風に舞い、散り、踊るかのように路面に転がり、不思議な美しさを醸し出し、多くの人たちはその美しさに心を和ませております。

 いちょう祭りの原点であるこの美しいいちょう並木を主役として、ゆっくりと、楽しく、元気に歩いていただき、コロナ禍で何かと行動が制限される中、いつまでも健康で楽しく過ごし、新たな一歩を踏み出していただきたいという想いから、「第42回八王子いちょう祭り」を開催いたします。

 ただし万一、開催日までに緊急事態宣言等が発出された場合は、その時点で20日・21日の開催の中止の判断をします。